レーシックの紹介制度を有効活用

レーシックの紹介制度は友人や知人がレーシックを受けようと考えており、クリニック選びに迷っている時に紹介をしてあげましょう。
謝礼金の制度は双方が得をするシステムとなっているので積極的に利用しましょう。 「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。
レーシックの手術を受けた人が他の人を紹介して、その人がクリニックでレーシックを受けた場合、謝礼金が貰える制度があります。
ギフト券などを受け取ることが出来る利点だけではなく、紹介された人も割安価格でレーシック手術を受けることが出来るのが一般的です。

 

最近では安全性への重視などから、どのクリニックも割引制度を控えめにしているケースがあります。
しかし今現在でも実施しているクリニックは存在しているので比較サイトを参考にして探してみてください。



レーシックの紹介制度を有効活用ブログ:21 12 2018

我が家は早寝早起き、
みんなそろってあさごはんを食べます。

子供が生まれる前は、
あたくしも主人もちょっと不健康な生活をしていました。

21時は2時すぎに寝るのが当たり前だったし、
主人はあさごはんを食べない人でした。
ご飯は外食やホカ弁が多かったと思います。

あたくしたちはいつも寝不足というか、
たくさん寝ても「なんかだるいよね」と話していました。

それが…
子供が生まれてから、
あたくしたちの生活は自然と変わっていきました。

我が家の子供たちは何故か
あさ5時ごろ夜泣きをしていたので、
そのまま起きるのが日課となりました。

それに伴い、寝るのも早くなりました。
子供と一緒に21時9時に寝てしまうこともあります。

あさは必ず6時に起きます。
二度寝しようと思ってもできないくらい、スッキリ起きます。

あさごはんは子供たちの要望で、
必ず二種類以上の果物のヨーグルト和えを出します。

主人もこれだけは必ず食べるようになり、
だんだんあさごはんの量が増えました。
また、あたくしはヨーグルト効果で便秘に悩むことがなくなりました。

加えて、金銭的な理由から
外食やホカ弁をほとんど食べなくなりました。

すると味の好みが薄味になり、
お店の濃い味が合わなくなりました。

それがまた手作り中心のご飯に拍車をかけています。
そのせいか、主人は結婚当時から9キロ痩せました。
現在あさごはんを大量に食べているのに…です。

規則正しい生活になると、
夫婦そろってあさから元気に動けるようになりました。

あたくしも体力がついてきました。
これは子供の抱っこで筋力がついた事もあると思いますが…

おでかけするにも、
あさ早いと混んでないし、気持ちいいですね。

 
なんと交通費を貰えるクリニックもある レーシックが原因でのドライアイ レーシック後の視力維持は本人次第 レーシックの紹介制度を有効活用 適性検査を受けてからレーシック