レーシック後の視力維持は本人次第

レーシックは現時点の視力を矯正する治療法であり、矯正された視力の維持までは保証をしていません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。 最近非常に多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックによって視力を取り戻しています。
その影響もあってか一般の人達もレーシックに興味を持ち続々とレーシックを受けているのです。
レーシックによって視力を回復することは可能ですが、生活習慣などによりましては再びレ ーシックを受ける時と同じ視力まで戻ってしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。

 

現在20歳未満の人がレーシックを受けたとしても近視が進行中だった場合には、一時的に視力が矯正されたとしても、元々の視力に戻ってしまうことがあります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。



レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:30 10 2018

足が太い原因には、
3つのタイプがあるみたいですよ。

自分の足のタイプがわかる事で、
足やせの対処法も変わってきます。

例えば…
筋肉太りの方が、
脂肪太りの方向けのダイエットをしても
効果がでないのは当然ですもんね。

足が太いタイプの特徴と対策を少し紹介しますので、
是非参考にしてくださいね。

まずは脂肪太り。
セルライトが多く、太ももをつまむと、肉厚である。
太ももに力を入れても脂肪がつまめる…
これが脂肪太りの特徴です。

脂肪というのは、
足の中で最も太ももにつきやすく、
一度つくと簡単には取れません。

脂肪太りの原因は、
油ものによるカロリーの過剰摂取などです。

対策としては、食べ過ぎに注意し、運動し、
太ももを動かす事を心掛けましょう。

次は、筋肉太り。
昔スポーツしていた、筋肉質なのに力が弱い。
力を入れても筋肉が動かない…これが筋肉太りの特徴です。

対策としては、やはり運動ですね。
筋肉は使わないと萎縮してしまいます。
基礎代謝が下がってしまう前に、運動するのが効果的なのです。
ハードな運動ではなく、ウォーキングやストレッチなどがお勧め!

最後に、水太り。
指で押すと、押した跡が消えにくい。
夕方になると足がむくむ、
太ももがだるい…これが水太りの特徴です。

水太りというのは、女性に最も多いタイプです。
女性は、男性より筋肉が少なく、リンパの流れが滞りやすいのです。
結果、老廃物が溜まり水太りで足が太くなるわけです。

対策としては、
半身浴をしながらリンパのマッサージや
お風呂上りのストレッチなどが良いでしょう。


 
なんと交通費を貰えるクリニックもある レーシックが原因でのドライアイ レーシック後の視力維持は本人次第 レーシックの紹介制度を有効活用 適性検査を受けてからレーシック