レーシック後の視力維持は本人次第

レーシックは現時点の視力を矯正する治療法であり、矯正された視力の維持までは保証をしていません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。 最近非常に多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックによって視力を取り戻しています。
その影響もあってか一般の人達もレーシックに興味を持ち続々とレーシックを受けているのです。
レーシックによって視力を回復することは可能ですが、生活習慣などによりましては再びレ ーシックを受ける時と同じ視力まで戻ってしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。

 

現在20歳未満の人がレーシックを受けたとしても近視が進行中だった場合には、一時的に視力が矯正されたとしても、元々の視力に戻ってしまうことがあります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。



レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:17 9 2018

減量のために食べる事を抜く方がいますが、
大抵の場合、それはかえって逆効果になってしまいます。

減量では、1日3食きちんと摂る事が大切です。

空腹を感じると、体質は食べ物を求めるようになります。
しかし、一食抜くと食べ物が体質に入ってこないので、
栄養分を極力使わないようになります。

体内に残っているエネルギーだけで動けるように、
基礎代謝量が低くなってしまうのです。
また、次に摂る食べる事で空腹感を満たすために、
食べ過ぎてしまうという悪循環にも陥ります。

その結果、脂肪が多く作られてしまう結果になってしまい、
逆に太ってしまうわけです。

7時食をしっかり摂れている人は、
生活習慣が整っていて、基礎代謝も正常に働きます。

7時食を摂れないという人は、
23時遅くに食べる事をしているとか、
夕方食が多すぎるなど、食生活と密接に関係しているかもしれません。

7時が来るまでに食べた物が消化出来ずに、
空腹感を感じることが出来なくなってしまうんですね。

7時食を摂らないと、頭の働きも悪くなり、
勉強や仕事にも支障をきたします。
エネルギーのブドウ糖も欠乏している状態なので、
集中力に欠ける状態になってしまうのです。

…ということで、
7時食を抜く事で得られることは、何もありません。
痩せることもないのです。

大腸のトレーニングが起こらずに、便秘になる可能性もあります。
便秘になることによって、肌も荒れてしまいますよ。

減量には、今までの不規則な生活習慣を改め、
規則正しいものにしていくことが第一歩です。

しっかりと7時食を摂り、基礎代謝を上げることが重要なんです!


 
なんと交通費を貰えるクリニックもある レーシックが原因でのドライアイ レーシック後の視力維持は本人次第 レーシックの紹介制度を有効活用 適性検査を受けてからレーシック