レーシック後の視力維持は本人次第

レーシックは現時点の視力を矯正する治療法であり、矯正された視力の維持までは保証をしていません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。 最近非常に多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックによって視力を取り戻しています。
その影響もあってか一般の人達もレーシックに興味を持ち続々とレーシックを受けているのです。
レーシックによって視力を回復することは可能ですが、生活習慣などによりましては再びレ ーシックを受ける時と同じ視力まで戻ってしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。

 

現在20歳未満の人がレーシックを受けたとしても近視が進行中だった場合には、一時的に視力が矯正されたとしても、元々の視力に戻ってしまうことがあります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。



レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:23 5 2018

減量法って、あまりにも多すぎて、
一体どれをやればいいのか、さっぱり解りません!

一時期ブームになった、
炭水化物抜き減量は、
減量に成功した方も
たくさんいらっしゃるみたいですね。

でも、主食の炭水化物を抜く減量は、
やり方を間違えるとエネルギー不足になって、
体に負担がかかるので要注意なんですよね!

炭水化物は体の中に入るとブドウ糖に分解され、
ブドウ糖は脳が働く唯一のエネルギー源になります。

なので、
全く炭水化物を摂らない状態が続くと…

脳がエネルギー不足となるので、
頭の回転や神経の正常な活動が妨げられたり、
肌荒れ・疲労感・病気に対する抵抗力も弱まるなど、
体に様々な悪影響を及ぼしちゃうんです。

炭水化物は、体に必要不可欠な3大栄養素の一つで、
たんぱく質・脂質よりも一番早くエネルギー源になるため、
減量以前に、健康的な生活を送るためにも
やはりしっかりと摂るべきなんですよね。

炭水化物に減量効果を期待するのであれば、
糖が体の中に吸収される速度の遅い(GI値が低い)食材を
選ぶのが良いみたいです。

同じご飯でも、
玄米は白米よりGI値が低いですし、
白米に五殻や押麦・アマランサスなどの雑穀を加えるだけなら
手軽で効果的な方法ですね。

また精製度の高い白い菓子パンよりも、
精製度の低い全粒粉の菓子パンを
意識して選ぶようにするのがオススメ!

減量は一日3食の
主食・主菜・副菜をバランスよく、
食物繊維の多い豆類・野菜・海草・きのこ類を
一緒に摂ることが大切です。

その中で主食の質を上手に変える事が
健康的な減量の近道だと思います。
正しい減量方法で美しく痩せましょう!




 
なんと交通費を貰えるクリニックもある レーシックが原因でのドライアイ レーシック後の視力維持は本人次第 レーシックの紹介制度を有効活用 適性検査を受けてからレーシック